Publications

Journals
  1. Felix Von Drigalski,Atsutoshi Ikeda,Tsukasa Ogasawara,Tamim Asfour, “A measurement setup for the 3D validation of fingertip deformation models,” International Journal of Human Factors Modelling and Simulation, Vol. 5, No. 3, pp. 230-237, Feb. 2016.
  2. Yuichi Kurita, Atsutoshi Ikeda, Kazuyuki Nagata, and Tsukasa Ogasawara, “Haptic Augmentation Utilizing the Reaction Force of a Base Object,” Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 25, No. 1, pp. 72-79. 2013.
  3. Yuichi Kurita, Yasuhiro Ono, Atsutoshi Ikeda, and Tsukasa Ogasawara, “Human-sized Anthropomorphic Robot Hand with Detachable Mechanism at the Wrist,” Mechanism and Machine Theory, Vol. 46, Issue 1, pp. 53-66, Jan. 2011.
  4. Jun Ueda, Atsutoshi Ikeda, Tsukasa Ogasawara, “Grip-force Control of an Elastic Object by vision-based Slip Margin Feedback during the Incipient Slip,” IEEE Transactions on Robotics, Vol. 21, No. 6, pp. 1139-1147, Dec. 2005.
  5. Yuichi Kurita, Atsutoshi Ikeda, Jun Ueda, Tsukasa Ogasawara, “A Fingerprint Pointing Device Utilizing the Deformation of the Fingertip During the Incipient Slip,” IEEE Transactions on Robotics, Vol. 21, No. 5, pp. 801-811, Oct. 2005.
  6. Hidenori Ishihara, Atsutoshi Ikeda, Minoru Suzuki and Kimihito Yukawa, “Development on Conveyance Module with New Power Drive Mechanism for Thin Wire Production System,” Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 15, No. 2, pp. 178-184, May, 2003.
論文誌
  1. 池田 篤俊, 椛島 基嵩, 飯田 賢一, 上田 悦子, 小杉 真一, 田中 康仁:”2視点X線画像のデータベースマッチングに基づく人工足関節位置姿勢推定システムの開発”, 臨床バイオメカニクス, Vol. 38, #127, 2017.
  2. 山口 明彦, 高松 淳, 池田 篤俊, 吉川 雅博, 松原 崇充, 神原 誠之, 小笠原 司: “課題発掘型学習を中心とするロボット教育の大学院向けカリキュラム”, 日本ロボット学会論文誌, Vol. 34, No. 9, pp. 615-622, 2016.
  3. 鈴木 隆裕, 池田 篤俊, 高松 淳, 小笠原 司: “把持型触覚提示デバイスを用いた振動による柔らかさ提示”, 日本ロボット学会論文誌, Vol. 30, No. 7, pp. 56-64, Sep. 2012.
  4. 栗田 雄一, 米澤 智, 池田 篤俊, 小笠原 司: “指先接触面の滑り量制御による重量・摩擦呈示デバイス”, 日本ロボット学会論文誌, Vol. 30, No. 2, pp. 89-96, Mar. 2012.
  5. 栗田 雄一, 祖父江 厚志, 池田 篤俊, 小笠原 司: “グラスハープの音響特性に基づくはじき動作による水量推定”, 日本ロボット学会論文誌, Vol. 29, No. 4, pp. 361-368, Jul. 2011.
  6. 池田 篤俊, 栗田 雄一, 小笠原 司: “腱骨格モデルを用いたつまみやすさの 生体力学的解析”, 日本ロボット学会論文誌, Vol. 28, No. 2, pp. 191-199, Mar. 2010.
  7. 池田 篤俊, 栗田 雄一 , 上田 淳, 松本 吉央, 小笠原 司: “初期滑り時の接触面偏心度に基づく弾性体の把持力制御”, 日本ロボット学会論文誌, Vol. 23, No. 3, pp. 65-71, Apr. 2005.
  8. 池田 篤俊, 栗田 雄一, 上田 淳, 小笠原 司: “初期滑り時の指紋変形を利用した小型ポインティングデバイスの開発”, 情報処理学会論文誌, Vol. 45, No. 7, pp. 1769-1778, Jul. 2004.
特許
  1. 栗田 雄一,池田 篤俊,小笠原 司,”感性・技能評価方法および評価システム”, 特願 2010-001597, 特開 2011-141706
  2. 栗田 雄一,池田 篤俊,小野 泰寛,小笠原 司,”ロボットハンド”, 特願 2008-308303, PCT/JP2009/70312, WO2010/064684
  3. 池田 篤俊,”リニアモータおよび一軸アクチュエータ”,特願 2006-309193,特開 2008-125322
  4. 池田 篤俊,”一軸アクチュエータ”,特願 2006-299344,特開 2008-114328
  5. 池田 篤俊,”一軸アクチュエータ”,特願 2006-299343,特開 2008-118776
  6. 上田 淳, 小笠原 司, 池田 篤俊, 近藤 誠宏, “ロボットハンド”, 特願 2003-303022, 特開 2005-66803
  7. 上田 淳, 小笠原 司, 池田 篤俊, 栗田 雄一, “ポインティングデバイス”, 特願 2003-051530
本,解説等
  1. Yuichi Kurita, Kazuyuki Nagata, Atsutoshi Ikeda, Masazumi Okajima, and Tsukasa Ogasawara, “Biomedical Robotics for Healthcare”, TechnologicalAdvancements in Biomedicine for Healthcare Applications, IGI GLOBAL,Chapter 17, pp. 160-169, Oct. 2012.
  2. Atsutoshi Ikeda, Yuichi Kurita and Tsukasa Ogasawara: “Pinching Effort Evaluation Based on Tendon Force Estimation,” Advances in Applied Electromyography, pp119-136, Sep. 2011.
International conferences
  1. Atsutoshi Ikeda, Shinichi Kosugi, Etsuko, Ueda, and Takayuki Nakamura, “Clinical Field Test Using the Patient Monitoring System MIMAMORI,” 38th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2016), FrCT19.11,Orlando, Florida, USA, August 16-20, 2016
  2. Shinichi Kosugi, Hiroshi Takemura, Koji Imai, Takayuki Shiina, Takeshi Yamakoshi, Yasuhito Tanaka, Atsutoshi Ikeda, and Tsukasa Ogasawara, “Evaluation Of Foot Arch Structure In Gait From Plantar Skin Measurements With The High Speed Camera And Synchronous Fluoroscopic Imaging,” Orthopaedic Research Society 62th Annual Meeting (ORS2016), PS2-145 2088, Orlando, Florida, USA, March 5-8, 2016.
  3. Atsutoshi Ikeda, Takashi Harada, Hiroyuki Kawamura, and Kanji Fukuda, “Haptic Augmented Reality Device for Display of the End-Feel,” IEEE/EMBS 12th International Conference on Ubiquitous Healthcare(u-healthcare2015), 21, Osaka, Japan, November 30 – December 2, 2015.
  4. Ochiai Yuya, Kentaro Takemura, Atsutoshi Ikeda, Jun Takamatsu, and Tsukasa Ogasawara, “Remote Control System for Multiple Mobile Robots Using Touch Panel Interface and Autonomous Movility,” IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2014), pp. 3272- 3277, Chicago, IL, USA, September 14-18, 2014.
  5. Atsutoshi Ikeda, Yoshitake Yasuhide, and Minoru Shinohara, “Finger Motor Training Using Robotic Training System,” XX Congress of the International Society of Electrophysiology and Kinesiology (ISEK2014), PS2-361, Rome, Italy, July 15-18, 2014.
  6. Felix Von Drigalski, Atsutoshi Ikeda, Tamim Asfour, and Tsukasa Ogasawara, ” A Measurement Setup for the 3D Validation of Fingertip Deformation Models,” The 3rd International Digital Human Modeling Symposium (DHM2014), #41, Tokyo, Japan, May 20-22, 2014.
  7. Atsutoshi Ikeda, Teruyuki Kasuga, Tsukasa Ogasawara, Shinichi Kosugi, and Yasuhito Tanaka, “Three-Dimensional Analysis Method for Longitudinal Arch Deformation,” Orthopaedic Research Society 60th Annual Meeting (ORS2014), PS2-126 1936, New Orleans, LA, USA, March 15-18, 2014.
  8. Atsutoshi Ikeda, Takahiro Suzuki, Jun Takamatsu, and Tsukasa Ogasawara, “Producing Method of Softness Sensation by Device Vibration,” IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2013), pp.3384-3389, Manchester, UK, October 13-16. 2013.
  9. Ellenor Brown, Kazuya Aomoto, Atsutoshi Ikeda, and Tsukasa Ogasawara, Yasuhide Yoshitake, Minoru Shinohara, Jun Ueda, “Comparison of Ultrasound Muscle Stiffness Measurement and Electromyography Towards Validation of an Algorithm for Individual Muscle Control,” 2013 ASME Dynamic Systems and Control Conference (DSCC2013), Palo Alto, CA, USA, October 21-23, 2013.
  10. Tadashi Matsumoto, Atsutoshi Ikeda, Jun Takamatsu, and Tsukasa Ogasawara, “Evaluation System for Product Usability using Human Mimetic Robot Hand,” IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2012), pp.2115-2120, Seoul, Korea, October 14-17, 2012.
  11. Yuichi Kurita, Atsutoshi Ikeda, Tadashi Matsumoto, and Tsukasa Ogasawara, “Evaluation of Grasp Efficiency based on Muscle Activity Estimation by Anthropomorphic Robot Fingers,” 2011 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2011), pp.466-468, Nagoya, Japan, November 6-9 2011.
  12. Yuichi Kurita, Satoshi Yonezawa, Atsutoshi Ikeda, Tsukasa Ogasawara: “Weight and Friction Display Device by Controlling the Slip Condition of a Fingertip,” IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2011), pp.2127-2132, San Francisco, CA, USA, September 25-30, 2011.
  13. Atsutoshi Ikeda, Yuichi Kurita and Tsukasa Ogasawara, “Product Usability Estimation using Musculoskeletal Model,” IEEE RAS / EMBS International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics (BIOROB2010), pp.307-312, Tokyo, Japan, September 26-29, 2010.
  14. Atsutoshi Ikeda, Yuichi Kurita and Tsukasa Ogasawara, “Grasp Effort Evaluation Based on Muscle Activity,” 2010 Dynamic Systems and Control Conference (DSCC2010), Cambridge, MA, USA, September 13-15, 2010.
  15. Atsutoshi Ikeda, Yuichi Kurita, Takeshi Tamaki, Kazuyuki Nagata, and Tsukasa Ogasawara,”Creating Virtual Stiffness by Modifying Force Profile of Base Object,” EuroHaptics 2010, Part 1, LNCS 6191, pp.111-116, Amsterdam, Nederland, July 8-10, 2010.
  16. Yuichi Kurita, Atsutoshi Ikeda, Takeshi Tamaki, Kazuyuki Nagata, and Tsukasa Ogasawara, “Haptic Augmented Reality Interface using the Real Force Response of an Object,” The 16th ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology (VRST2009), pp.83-86, Kyoto, Japan, November 18-20, 2009.
  17. Atsutoshi Ikeda, Yuichi Kurita, and Tsukasa Ogasawara, “A Tendon Skeletal Finger Model for Evaluation of Pinching Effort,” IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2009), pp.3691-3696, St. Louis, MO, USA, October 11-15, 2009.
  18. Yuichi Kurita, Yasuhiro Ono, Atsutoshi Ikeda, and Tsukasa Ogasawara, “Human-sized Anthropomorphic Robot Hand with Detachable Mechanism at the Wrist,” IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2009), pp.2271-2276, St. Louis, MO, USA, October 11-15, 2009.
  19. Yuichi Kurita, Takehiro Onoue, Atsutoshi Ikeda, and Tsukasa Ogasawara, “Biomechanical Analysis of Subjective Pinching Effort Based on Tendon-Skeletal Model,” The 31st Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2009), pp.5231-5234, Minneapolis, MN, USA, September 2-6, 2009.
  20. Atsutoshi Ikeda, Yuichi Kurita, and Tsukasa Ogasawara, “Evaluation of Pinching Effort by a Tendon-Driven Robot Hand”, IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA2009), pp.3437-3442, Kobe, Japan, May 12-17, 2009.
  21. Atsutoshi Ikeda, Yuichi Kurita, and Tsukasa Ogasawara, “Pinchin Motion Evaluation using Human like Sensing Device,” Joint 4th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 9th International Symposium on advanced Intelligent Systems (SCIS & ISIS2008), pp.1135-1138, Nagoya, Japan, September 17-21, 2008.
  22. Atsutoshi Ikeda, Yuichi Kurita, Jun Ueda, Yoshio Matsumoto, Tsukasa Ogasawara, “Grip Force Control for an Elastic Finger using Vision-based Incipient Slip Feedback,” IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2004), pp.810-815, Sendai, Japan, September 28 – October 2, 2004.
  23. Yuichi Kurita, Atsutoshi Ikeda, Jun Ueda, Yoshio Matsumoto, and Tsukasa Ogasawara, “A Novel Pointing Device Utilizing the Deformation of the Fingertip,” IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2003), pp.13-18, Las Vegas, NV, USA, October 27-31, 2003.
  24. Hidenori Ishihara, Kimihito Yukawa, and Atsutoshi Ikeda, “Development on Conveyance Module with New Power Drive Mechanism for Thin Wire Production System,” IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA2003), pp.640-645, Taipei, Taiwan, September 14-19, 2003.
招待講演
  1. 池田 篤俊: “指先接触面画像を用いた人の触覚情報計測とモデル化”,第3回 デジタルヒューマン技術評議会,産業技術総合研究所臨海副都心センター,August 29,2014.
  2. 池田 篤俊: “触覚モデリングとアプリケーション”,鹿屋体育大学 研究セミナー,鹿屋体育大学,October 7,2014.
国内学会発表
  1. 池田 篤俊, 春日 照之,高松 淳,小笠原 司,小杉 真一,田中 康仁: “光学式モーションキャプチャを用いた足部アーチの3次元動態解析”, 第29回 日本整形外科学会基礎学術集会,2-5-12, October 10-11, 2014.
  2. 池田 篤俊, 青木 友作, 上田 悦子, 小笠原 司,小杉 真一,田中 康仁: “2視点X線画像を用いた人工関節の姿勢推定手法”, 第29回 日本整形外科学会基礎学術集会,2-5-3, October 10-11, 2014.
  3. 池田 篤俊,音田 恭宏, 北野 和哉,上田 悦子,小笠原 司: “組み込みPCと深度センサを利用した低価格で高信頼な見守りシステム”, 第2回 看護理工学会学術集会, O5-05,October 4-5, 2014.
  4. 音田 恭宏, 池田 篤俊, 上田 悦子: “低価格患者見守りシステムの開発”, 第32回 日本ロボット学会学術講演会 (RSJ2014), 1H3-05, September 4-6, 2014.
  5. 島田 健史, 池田 篤俊, 竹村 憲太郎, 高松 淳, 小笠原 司: “一人称視点を用いた調理作業記録システムの構築”, 第32回 日本ロボット学会学術講演会 (RSJ2014), 1C3-05, September 4-6, 2014.
  6. Atsutoshi Ikeda, Teruyuki Kasuga, Jun Takamatsu, Shinichi Kosugi, Yasuhito Tanaka, and Ogasawara Tsukasa, “The Foot Arches Analysis During Dynamic Motion”, 第32回 日本ロボット学会学術講演会 (RSJ2014), International Session 1A2-03, September 4-6, 2014.
  7. 杉垣 彰教, 池田 篤俊, 高松 淳, 小笠原 司: “マニピュレーションタスクにおける「しなり」の積極的利用”, ロボティクスメカトロニクス講演会2014(ROBOMECH2014), 3P1-W04, May 25-28, 2014.
  8. 島田 健史, 杉垣 彰教, 山口 明彦, 池田 篤俊, 高松 淳, 小笠原 司: “人の把持行動に基づく物体操作データベースの構築手法”, ロボティクスメカトロニクス講演会2014(ROBOMECH2014), 3A1-P06, May 25-28, 2014.
  9. 小林 哲也,池田 篤俊,高松 淳,小笠原 司:”指先腹部の変形計測による滑り量推定”, 第20回 横浜・京都・奈良 バイオメカニクスカンファレンス, 12, Dec. 21, 2013.
  10. 池田 篤俊,小林 哲也,高松 淳,小笠原 司:”スポーツ応用に向けた指腹部の変形に基づく指先力推定”, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2013), 2J1-4, Dec. 18-20, 2013.
  11. 吉武 康栄,池田 篤俊,篠原 稔:”外的なランダム負荷を用いた筋力トレーニングの可能性”, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2013), 2J1-5, Dec. 18-20, 2013.
  12. 青木 友作,上田 悦子,池田 篤俊,小笠原 司,小杉 真一,山口 智志,田中 康仁:”2視点X線画像とデータベースを用いた人工足関節の3次元位置姿勢推定”, 第40回日本臨床バイオメカニクス学会, O15-5, Nov. 22-23, 2013.
  13. 春日 照之,池田 篤俊,高松 淳,小笠原 司,竹村 裕,小杉 真一,田中 康仁:”楕円近似による足部アーチの動作解析”, 第28回日本整形外科学会基礎学術集会, Oct. 17-18, 2013.
  14. 池田 篤俊,山田 遊馬,上田 悦子,小笠原 司: “距離画像センサを用いた患者の就床状態判別手法”, 第1回 看護理工学会学術集会, O2-5,Oct. 5, 2013.
  15. Atsutoshi Ikeda, Kazuya AOMOTO, Tsukasa OGASAWARA, Yasuhide YOSHITAKE, Ellenor BROWN, Jun UEDA, Minoru SHINOHARA, “Isometric exercise system using individual muscle control”, 第31回日本ロボット学会学術講演会, RSJ2013 International Session 2S2-6, Sep.4-6, 2013.
  16. 春日 照之, 池田 篤俊, 高松 淳, 小笠原 司,竹村 裕,小杉 真一,田中 康仁:”幾何学的近似による足部アーチ変形の三次元解析”, ロボティクスメカトロニクス講演会2013(ROBOMEC2013), 1A2-K06, May 22-25, 2013.
  17. 春日 照之,池田 篤俊,小杉 真一,竹村 裕,高松 淳,小笠原 司,田中 康仁:”足部アーチ変形の3次元解析手法”, 第19回 横浜・京都・奈良 バイオメカニクスカンファレンス, 9, Dec. 22, 2012.
  18. 青本 和也, 池田 篤俊, 高松 淳, 小笠原 司:”リハビリ応用に向けたロボットアームを用いたトレーニング装置に関する基礎実験”,第19回 横浜・京都・奈良 バイオメカニクスカンファレンス, 7, Dec. 22, 2012.
  19. 小杉 真一,田中 康仁,竹村 裕,小原 晃,椎名 崇之,池田 篤俊,小笠原 司,春日 照之:”足裏皮膚変形・床反力同時計測装置を用いた荷重時形態変化の計測”, 第19回 横浜・京都・奈良 バイオメカニクスカンファレンス, 9, Dec. 22, 2012.
  20. 小林 哲也, 一圓 健太郎, 春日 照之, 松本 真, 井林 雅樹, 安並 健太郎, 池田 篤俊, 松原 崇充, 小笠原 司:”ダイナミックな物体操作に向けたロボットフィンガテストベッドの開発”, 第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2012), 3H4-1, Dec. 18-20, 2012.(SI2012優秀講演賞)
  21. Atsutoshi Ikeda, Makoto Mutou, Jun Takamatsu, Tsukasa Ogasawara, “Analysis of Grasping Motion based on the Hand Deformation”,第30回日本ロボット学会学術講演会, RSJ2012 International Session 2D2-2, Sep.17-20, 2012.
  22. 青本 和也, 池田 篤俊, 高松 淳, 小笠原 司: “手先への受動的トルク負荷による筋活動制御”, 第22回日本バイオメカニクス学会, O1-A04, Sep.11-13, 2012.
  23. 吉本 公則,上田 悦子,池田 篤俊,小笠原 司: “自然環境を使った屋外移動ロボットによるSLAM”,ロボティクスメカトロニクス講演会2012(ROBOMEC2012), 2A2-H06, May 27-29, 2012.
  24. 栗田 雄一,伊藤 隆洋,池田 篤俊,上田 淳,高松 淳,小笠原 司: “筋骨格モデルと筋電計測に基づく上肢運動の運動評価”,ロボティクスメカトロニクス講演会2012(ROBOMEC2012), 2A2-D03, May 27-29, 2012.
  25. 池田 篤俊,高松 淳,小笠原 司,大原 賢一,前 泰志,新井 健生,竹村 裕,溝口 博,相山 康道,阪口 健,松本 吉央:”オープンソースRTCの再利用による双腕サービスロボットシステムの構築”,ロボティクスメカトロニクス講演会2012(ROBOMEC2012), 1P1-Q04, May 27-29, 2012.
  26. 池田 篤俊,武藤 誠,高松 淳,小笠原 司: “初期滑り分布計測に基づく把握動作の解析”,ロボティクスメカトロニクス講演会2012(ROBOMEC2012), 1A2-B02, May 27-29, 2012.
  27. 武藤 誠,池田 篤俊,高松 淳,小笠原 司:”接触面画像を用いた 把握動作時の初期滑り計測”,第 12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2011),1I2-6, pp.640-641, Dec 23-25, 2011.
  28. 伊藤 隆洋,栗田 雄一, 池田 篤俊, 高松 淳, 小笠原 司: “筋骨格モデルと表 面筋電信号を用いた上肢到達運動における準備状態の評価”, 第12回計測自動制 御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2011), 2M1-2, pp.1650-1653, Dec 23-25, 2011.
  29. 松本 真,池田 篤俊,高松 淳,小笠原 司:”ロボットハンドを用いた使いやすさ定量評価システム”,第 12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2011),2F1-5, pp.1420-1421, Dec 23-25, 2011.
  30. 鈴木 隆裕,池田 篤俊,高松 淳,小笠原 司:”把持型デバイスを用いた振動に よる柔らかさ提示”,第29回日本ロボット学会学術講演会,1G1-8, 東京, 2011.
  31. 池田 篤俊, 松本 真, 栗田 雄一, 小笠原 司, “使いやすさ定量評価システムに向けた人の指先構造を摸したロボットハンド,” 第21回インテリジェント・システム・シンポジウム (FAN2011), 2011.
  32. 栗田 雄一, 大塚 紘之, 永田 和之, 池田 篤俊, 小笠原 司, “生体組織の反力再現を目指した力覚の拡張現実感提示,” 第21回インテリジェント・システム・シンポジウム (FAN2011), 2011.
  33. 松本 真,池田 篤俊,栗田 雄一,小笠原 司:”製品評価システムへの応用に向けたロボットフィンガ開発”,ロボティクスメカトロニクス講演会 2011(ROBOMEC2011),2P2- O01, May 26-28, 2011.
  34. 米澤 智, 栗田 雄一,池田 篤俊,小笠原 司,”指先接触面の滑り量制御による重量・摩擦提示デバイス”,第16 回ロボティクスシンポジア,6B4, March 14-15, 2011.
  35. 寺岡 宏敏,池田 篤俊,栗田 雄一,上田 淳,小笠原 司:”運動指令依存ノイズに着目した確率的Broadcast Feedback制御の到達運動への適用”,情報処理学会第73回全国大会,3Q-8, March 2-4, 2011.
  36. 五十嵐 勇太,池田 篤俊,栗田 雄一,永田 和之,小笠原 司:”ハプティックARシステムの周波数応答特性による評価”,情報処理学会第73回全国大会,3ZB-2, March 2-4, 2011.
  37. 栗田 雄一,米澤 智,池田 篤俊,小笠原 司:”指先接触面の滑り量制御による重量・摩擦提示デバイス”,第28回日本ロボット学会学術講演会,RSJ2010AC3O1-2, 名古屋, 2010年9月.
  38. 米澤 智,池田 篤俊,栗田 雄一,小笠原 司:”指先接触面の滑り制御による重さ錯覚デバイスの開発”,ロボティクスメカトロニクス講演会2010(ROBOMEC2010),1A1-B29, June 14-16, 2010.
  39. 五十嵐 勇太,玉置 健,池田 篤俊,栗田 雄一,永田 和之,小笠原 司:”液体に対する力覚重畳による特性変化と水流提示法の提案”,ロボティクスメカトロニクス講演会2010(ROBOMEC2010),1A1-B28, June 14-16, 2010.
  40. 池田 篤俊,栗田 雄一,小笠原 司: “筋余裕推定に基づく製品の使いやすさ定量評価”,第15回ロボティクスシンポジア, 3B3, pp.291-296, 2010.
  41. 玉置 健,池田 篤俊,栗田 雄一,永田 和之,小笠原 司: “実物体の反力応答を利用した力覚の拡張現実感提示”,第15回ロボティクスシンポジア, 6B3, pp.554-559, 2010.
  42. 向井謙太, 池田篤俊, 栗田雄一, 多田充徳, 前野隆司, 小笠原司: “滑りと力の同時計測に基づく人の把持力制御のシステム同定”, 第10回システムインテグレーション部門講演会(SI2009), 1G4_7, 2009.
  43. 栗田 雄一,祖父江 厚志,池田 篤俊,小笠原 司: “グラスハープの音響特性を利用した はじき動作による水量推定”, 第27回ロボット学会学術講演会, 1A3-04, 2009.
  44. 玉置 健,池田 篤俊,栗田 雄一,永田 和之,小笠原 司: “実物体に重畳する力覚の拡 張現実感提示”, 第14回バーチャルリアリティ学会大会論文集, 1A2-5, 2009.
  45. 玉置健, 池田篤俊, 栗田雄一, 小笠原司: “レオロジーを利用した多リンクロボットの姿勢制御”, ロボティクスメカトロニクス講演会2009 (ROBOMEC2009), 2P1-E06, May 24-26, 2009.
  46. 池田篤俊, 尾上豪啓, 栗田雄一, 小笠原司: “主観的なつまみやすさ評価における姿勢の影響”, ロボティクスメカトロニクス講演会2009 (ROBOMEC2009), 1A1-M02, May 24-26, 2009.
  47. 栗田雄一, 小野泰寛, 池田篤俊, 小笠原司: “手首での着脱機構を持つ人間サイズの多指ロボットハンドの開発”, ロボティクスメカトロニクス講演会2009 (ROBOMEC2009), 2A2-B11, May 24-26, 2009.
  48. 池田 篤俊, 栗田 雄一, 小笠原 司: “持ちやすさ定量評価のための腱張力センシング”, 第14回ロボティクスシンポジア, 4D2, pp.405-410, 2009.
  49. 小野 泰寛, 池田 篤俊, 栗田 雄一, 小笠原 司: “手首で着脱可能な多指ロボットハンドの開発”, 第9回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2008), 1H1-1, pp.301-302, 2008.
  50. 祖父江厚志, 池田篤俊, 栗田雄一, 高松淳, 小笠原司: “音による作業タスク達成判別のためのマイクロフォングリッパ”, 第26回日本ロボット学会学術講演会予稿集,1K3-06, 2008.
  51. 池田篤俊, 栗田雄一, 小笠原司: “つまみやすさの定量化に向けたロボットハンドによるピンチング計測”, 第26回日本ロボット学会学術講演会予稿集,1E2-02, 2008.
  52. 池田 篤俊,栗田 雄一,上田 淳,小笠原 司; “つまみやすさの定量化に向けた人のピンチング計測”, ロボティクスメカトロニクス講演会2008 (ROBOMEC2008), 1P1-A11, June 6-7, 2008.
  53. 石田 豊, 池田 篤俊, 上田 淳, 松本 吉央, 小笠原 司: “滑り余裕フィードバックによるNAIST-Handの把持力制御”, 第22回日本ロボット学会学術講演会予稿集, 1J35, 2004.
  54. 池田 篤俊, 栗田 雄一, 上田 淳, 松本 吉央, 小笠原 司, “初期滑り時の接触面偏心度に基づく弾性体の把持力制御 “、ロボティクス・メカトロニクス講演会’04講演論文集, 1A1-H-35, 2004.
  55. 池田篤俊、栗田雄一、上田淳、松本吉央、小笠原司:”初期滑りセンサを用いた弾性体の把持力制御”, 第4回SICEシステムインテグレーション部会講演会講演論文集(SI2003)、2B2-7、pp.424-425、2003.
  56. 上田 淳,白栄 健司,池田 篤俊,竹村 裕,小笠原 司,小田 伸 午, “股関節の外旋モーメントを利用した歩行及び運動の解析”, 第3回福祉工学シンポジウム,pp.85-88, 2003.
  57. 上田淳、池田篤俊、栗田雄一、小笠原司:”指紋変形を利用した新しいポインティングデバイスの開発”, ヒューマンインタフェースシンポジウム2003論文集, pp.251-254, 2003.
  58. 上田 淳, 池田 篤俊, 白栄 健司, 竹村 裕, 小笠原 司, 小田 伸午 :”股関節の外旋モーメントにより体幹を捻らない歩行「常足」(なみあし)の運動特性,” 第21回日本ロボット学会学術講演会予稿集CD-ROM, 2J27, 2003.
  59. 池田 篤俊, 栗田 雄一, 上田 淳, 小笠原 司 : “指紋変形を利用した新しいポインティングデバイスの開発 -ずらし動作における指紋変形の解析 ,”第21回日本ロボット学会学術講演会予稿集CD-ROM, 3F18, 2003.
  60. 池田篤俊、栗田雄一、上田淳、小笠原司:”指紋変形を利用した新しいポインティングデバイスの開発”, ロボティクス・メカトロニクス講演会’03講演論文集, 1A1-3F-B4, 2003.